前へ
次へ

インターナショナルスクールに行った方が良い人

英語を使った教育が行われるインターナショナルスクール。グローバル化が進んでいることから、子どもをインターナショナルスクールで学ばせたいと考える保護者も少なくありません。また、どのような教育効果が得られるのか関心を持つ人も多いです。やはり英語を使ったやり取りがメインであるため、高度な英語力やコミュニケーション力が身に付くことは間違いありません。そのため、将来外資系の企業に勤めたり、海外に出て仕事したりしたいと考えている人ならば、インターナショナルスクールで学ぶ意義は十分あると考えられています。一方日本国内にとどまって仕事をするならば、無理してインターナショナルスクールに行く必要はないでしょう。例えば高度な国家資格を必要とする仕事(医師や弁護士など)の場合、試験が日本語であるため、日本の学校で教育を受けた方が良いとされています。そして地域とのつながりを大切にしなければならない職業(政治家など)も、日本の学校を出た方が良いかもしれません。

Page Top